出産を元に腰痛を患った時はどうしたらいいの?

今から約10年前に、初めての出産を経験しました。
赤ちゃんの成長はとても早くて、抱っこをする度どんどん重くなっていきます。
ちょうど8カ月の頃でした。
寝ていた子供が目を覚ましてグズリはじめたので、屈んで抱き上げようとした瞬間
「!!」 腰に衝撃が走りました。
もう子供を抱っこするどころではなく、自分の体が全く思うように動かなくなってしまいました。
少しでも動こうとすると腰に痛みが走るので、トイレに行くにも誰かにつかまりながら1ミリずつくらいしか移動できず、本当に情けなかったです。
ぎっくり腰なんて、お年寄りがなる病気だと思っていたので、まさか自分の身に降りかかるとは思いもしませんでした。
一番困ったのが子供のおむつ替えで、どうしても屈んだ姿勢でしか出来ないし、一日に何度もやらなければならないので、誰かの助けが必要でした。

結局私は特に病院へは行かず、冷やしたり安静にしていたら何日か後には良くなってきました。
ぎっくり腰になって以来、少しでも悪い姿勢で何か重たい物を持ち上げようとすると腰が悲鳴を上げているのが分かるので、前屈みになる時はキチンと膝を曲げて、正しい姿勢で持ち上げるように心がけています。
それから、慢性的な睡眠不足や運動不足、疲れやストレスなどもぎっくり腰を引き起こす原因になるので、根本的な生活の見直しが必要だなと感じました。
乳幼児を育てている時は、どうしても自分の健康の事は後回しになり、おろそかにしてしまいがちです。
私も夜中の授乳やおむつ替え、寝かしつけなどで毎晩のように睡眠不足だったし、初めての子育てで色々と神経質になりすぎていた事もあって、ストレスも溜まっていたと思います。
妊娠中からずっと運動不足でしたが、自由な時間があったら少しでも眠りたいと毎日思っていたので、本当に疲労が溜まっていました。
今考えれば、腰痛を引き起こす原因だらけの生活だったと分かります。
腰痛を予防するにはカルシウムやビタミンを積極的に摂る事も大切なので、食事面にも気を遣うように心がけていきたいです。