マットレスは自分に合った物を選ぼう!それが健康への第一歩

マットレスは自分に合った物を選ぼう!

1Rの賃貸マンションでの一人暮らしは、リビングとベッドルームが同じなのでベッドを置くとどうしても部屋が狭くなりがちです。
でも、布団にすると毎日の上げ下ろしが面倒くさく万年床になってしまったり、収納スペースが布団でつぶれてしまうのも勿体ない話しです。

そんな時にお勧めしたいベッドが、脚付きマットレスです。脚付きマットレスは高さも低めでヘッドレストやサイドのガードが無いシンプルな形のベッドです。

ヘッドレストやガードがないだけで、一般的なベッドよりも圧迫感を感じる事がなく1Rの狭い部屋でも十分に置く事が出来ます。

また、ベッドの下にある程度の余裕が出来るタイプの脚付きマットレスが特にお勧めです。
ベッド下のあまった空間に、衣装ケースなどを置けば普段使用しないモノをしまっておける収納スペースを確保する事が出来ます。

また脚付きマットレスは、ベッドの中でもお値段が安めに設定されているのも魅力です。スプリングによってお値段に違いがありますが、それでも高くて手が出ないという事はありません。

一人暮らしを始めた学生や社会人などあまりお金に余裕がない年代の人にもピッタリなベッドとなっています。友達がきた時などには、ソファ代わりとしても使えますから1Rで一人暮らしをしているなら本当にお勧め出来るタイプのベッドになりますね。

また、最近では需要に合わせて様々なタイプの脚付きマットレスが登場しており、通常のシングルタイプよりも幅が狭くよりコンパクトのタイプも販売されているんですよ。
更に、マンションなどにも運び入れやすい様に分割タイプの脚付きマットレスベッドなんていうものまであるんです。

狭い部屋だけどベッドを置きたい、というなら自分にあった脚付きマットレスを探してみてはいかがでしょうか。

独身の女性の一人暮らしです。若い頃は以前は寝ることは好きというか、寝ている時がなにも考えなくて良いからラクと思っており、時間を無駄にして罪悪感を感じるなど、妙なことを考えておりましたが、ここ最近睡眠は重要だと感じる。寝ているときはなにもしていないけれども、寝て起きた時の活動にも大きく影響しますし、なんといってもその日の目覚めの良さで一日を左右するといっても過言ではないかと感じるようになってきました。良い睡眠を得るにはやはり、よいマットレスやベッドで寝ることだと思います。しかし、無理をして高額なものを買うというよりは、清潔に保ち、自分が心地よく感じる環境で寝ることが一番かと思う。床の上でも良いがある程度柔らかい場所で痛くないような環境がいい。マットレスも、ずっと使用していると、ボコッと凹みができてくるので、定期的に上下逆にしたり、裏返したりして、寿命を保っている。そして天気の良い日は窓際で干すのだ。それだけで随分と寝心地が変わってくる。また、シーツを清潔に保つことも重要。洗った後のシーツで寝るとやはり気持ちがいい。よく眠れそうな気分になる。この、良く眠れそうな気分というのが自分自身でよく眠れるという思い込みを作るためにも効果的かと思う。本当は快眠ベットや快眠マットレス等を利用するのも良いかとは思いますが、高額な為、今あるもので自分自身で良い睡眠環境を作ることが一番手軽で重要なのではないかと思います。ただ、ベッドはパイプ式のものではない方が良い。多少お金を払っても木製のものが良いと感じる。やはり、パイプ製だとギスギスときしんでしまう。風水的にもパイプ式は寝ている間に気を吸い取られるそうです。インテリアとしても、木製のほうが部屋になじみ、パイプ式だと安っぽい雰囲気がして、心理的にも豊かにはならない。木製のベッドで、清潔なマットレス、清潔なシーツ、天気の良い日は洗濯をまめに行って、布団も干せば、寝るときはとても幸せな気分になれます。